新着情報
1968年十勝沖地震50周年シンポジウムのお知らせ
 投稿日時: 2018-07-06 (245 ヒット)
       1968年十勝沖地震50周年シンポジウム
       -過去を見つめこれからを考える-
 日本列島は本格的な地震活動期に入ったと言われています。また本年は十勝沖地震から50年目の節目にあたります。この機に,建設分野の立場から今後の防災対策や災害軽減のため,過去を振り返り最近の知見を共有して,防災意識の向上を考えます。
■ 日 時:平成30年8 月25日(土)14:00~17:30
■ 会 場:八戸プラザホテル 2階 桜の間 TEL:0178-44-3121
■ 参加費:無料(定員100名)
■ 主 催:十勝沖地震シンポジウム実行委員会
八戸工業大学,弘前大学,八戸工業高等専門学校,八戸学院大学,青森県,八戸市,(一社)青森県建設業協会,(一社)青森県建築士会,(一社)青森県建設コンサルタント協会,(一社)青森県測量設計業協会,(公社)日本技術士会東北本部青森県支部
■ 主 管:八戸工業大学インフラ・防災技術社会システム研究センター
■ 後 援:(一財)青森県工業技術教育振興会東奥日報社デーリー東北新聞社NHK青森放送局青森放送㈱,
(予定)  ㈱青森テレビ,青森朝日放送㈱,㈱八戸テレビ放送,㈱エフエム青森,コミュニティラジオBeFM

プログラム                                   司会:八戸工業大学 畑中ひとみ
【開会挨拶】 ・十勝沖地震シンポジウム実行委員会 実行委員長 長谷川 明
         (八戸工業大学学長・インフラ・防災技術社会システム研究センター長)
       ・青森県知事 三村 申吾
       ・八戸市長  小林 眞
       (1)「十勝沖地震から50年-建物被害はどう変わったのか?」
          八戸工業大学 教授 滝田 貢
       (2)「1968年十勝沖地震の地震動強さと将来の地震動」
          弘前大学 教授 片岡 俊一
       (3)「降雨時・地震動における地盤の挙動と防災」
          八戸工業高等専門学校 准教授 清原 雄康
         (4)「防災教育と防災士について」
          八戸工業大学地域連携研究センター 准教授 井上 丹
【パネルディスカッション】テーマ「過去を見つめこれからを考える-自助・共助・公助」
16:35~17:25 ・コーディネーター:八戸工業大学 准教授     工藤 祐嗣
       ・パネリスト   :青森県防災危機監理課 課長    
豊島 信幸
                 八戸工業大学 教授            滝田 貢  
                 弘前大学 教授              
片岡 俊一           
                 八戸工業高等専門学校 准教授 
清原 雄康      
                 八戸学院大学地域連携研究センター 准教授 井上 丹
【閉会挨拶】17:25~
交流会:18:00~19:30 八戸プラザホテル 1階プレシャス TEL:0178-44-3121 会費4,000円

問合せ先:八戸工業大学 社会連携学術推進室

TEL:0178-25-8005 FAX:0178-25-1966 E-meil:kaikaku@hi-tech.ac.jo
 


印刷用ページ 



組織概要
技術士情報

研修等
支部会誌


活動報告
受託業務

青森県支部事務局
〒030-0822 青森市中央一丁目一番8号
青森県建設コンサルタント協会内 担当:野呂
TEL017-735-6467 FAX017-735-6467
aomori-cca@wonder.ocn.ne.jp



Copyright©2005-2015 青森県技術士会 All right reserved