第13回八工大セミナーの結果報告

投稿日時 2016-11-29 | カテゴリ: 新着情報

    平成28年度第5回継続研鑚研修会(第13回八工大セミナー)の報告
 
 去る、11月26日に標記の研修会を八戸市内で開催しました。簡単に研修結果を報告致します。
 
日時:平成28年11月26日(土) PM1時半~4時50分
場所:チーノはちのへ1F,産学連携プラザ: 八戸市十三日町16番地
講師と演題
 1,石山 俊彦 先生:
   八戸工業大学大学院教授 社会連携学術推進室長 (工博)
     演題      再生エネルギーについて
       -環境発電による未利用エネルギーの有効活用-
 
 2、竹内 貴弘 先生:
   八戸工業大学大学院教授 土木建築工学科長 (工博)
     演題     最近研究していること
              -氷海技術-
 
 石山先生のご講演は、環境発電の概念の解説と現在研究開発されている種々の発電方法についてであったが、室内の温度差やドアの開閉、橋梁の振動などからも小さな電力を得られるとのことで、樹木発電の情報など初めてお聴きする内容で、今後の展開が期待できるお話でした。
 竹内貴弘先生は、氷海技術について広範な話題に言及され、この分野の研修者のお話をお聴きする機会も少ないため、とくに土木技術者には参考になったと考えます。
 流氷などで構造物にどのような損傷が発生するか、その理論と現地実験の結果なども紹介して頂き、短時間に多量の情報をインプットして頂いたと思います。
 講演用の資料も多量に用意して頂いたので、この分野に暗い参加者も、勉強になったと考えます。
 なお、「八工大セミナー」は、今回が13回目でしたが、市の中心街で開催したこともあり、初めて懇親会も開催し先生方を囲んで楽しい時間を過ごしました。
                                 以上
 
         
        石山俊彦 先生           竹内貴弘 先生
 




青森県技術士会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://aomori-gijutusi.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://aomori-gijutusi.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=37